こんにちは!本社のある静岡県や名古屋市支店などにて、ALCパネル施工やECP施工などの外壁工事に取り組んでいるlay brick株式会社です。
外壁工は、お客様に対して説明する場面があります。
そのため、施工にあたって説明できるだけの知識を持っていることが大切です。
今回は、外壁工志望の方に向けて、覚えておくべきALCの特徴をお伝えします。
あらかじめ知識を身につけておきたいという方の参考になれば幸いです。

メリットが多い

ALCの特徴は、メリットが多いことです。
ALCは「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略で、軽量気泡コンクリートという意味を指します。
コンクリートを高温で発砲加工した外壁材で、内部に気泡があります。
そして、この気泡により通常のコンクリートよりも軽量であることが特徴です。
さらに、軽量でありながら耐久性にも優れており、定期的なメンテナンスにより耐用年数は50年以上を誇ります。
また、耐火性や断熱性も高いという性能もあり、非常にメリットが多い外壁材です。

水に弱い

メリットの多いALCですが、水に弱いという注意すべき特徴もあります。
水に弱いのは内部に気泡が多い構造になっているため、水分が浸透しやすいためです。
そのため、雨水なども浸透しやすく、ひび割れなどのトラブルを招いてしまいます。
また、ALC一枚の幅を他の外壁材と比べると小さめにつくられています。
そのため、パネル同士を繋げるように施工しており、つなぎ目にはコーキングによる水の侵入を防ぐことも必要です。
ALCを施工する際は、防水のための施工やコーキングなどの水分の対策が欠かせない点を、覚えておきましょう。

定期的な補修が必要

ALCは、定期的な補修を徹底していれば長期間使える外壁材です。
そのため、定期的な補修を怠らないように注意が必要なことは、覚えておくべきポイントといえます。
ALCで特に補修が大切な点は、ALCの防水性に関わる塗装とつなぎ目のコーキングです。
お客様にも、コーキングなどに劣化が見られたら補修が必要であることを伝えると安心です。

【求人】lay brickでは新規スタッフを募集中!

lay brick株式会社では、ALC工事やECP施工などの外壁工事にご興味がある方の求人へのご応募をお待ちしております。
ALCパネル施工やECP施工など、さまざまな施工を経験できる職場です。
未経験の方には安心の指導を行っておりますので、現場で活躍できる人材に成長することができます。
外壁工事の経験を活かして働きたい方や、一生ものの技術を身につけたい方は、ぜひご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


lay brick株式会社
〒411-0917 静岡県駿東郡清水町徳倉上徳倉94-3
TEL:055-939-6662 FAX:055-939-6663
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする