こんにちは!静岡県に本社、名古屋市に支店をかまえ、ALCパネル施工やECP施工などの外壁工事を手がけているlay brick株式会社です。
外壁工事を行う際には、設置する外壁パネルなどを運び込む外壁パネル搬入という作業が発生します。
未経験の方の場合、外壁パネル搬入での注意点などを知っておきたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、外壁パネル搬入で大切なことを詳しくお伝えします。

外壁パネルの保護

搬入時などに外壁パネルの保護を行うことは、外壁パネル搬入作業を行う際に特に重要です。
ALCパネルなどの外壁材の中には、水に弱い特徴があるものもあります。
そのため、雨などで水に濡れるようなことがあれば、耐久性の低下などを招く恐れがあるのです。
水に濡れないように保護したうえで搬入する、雨の日には作業を行わないなど、外壁パネルを保護しつつ作業する必要があります。

クレーン作業

外壁パネルの搬入でクレーン作業を行う際は、事故につながる危険がないか確認することも大切です。
クレーン作業時の注意点を覚えておき、トラブルを発生させないように配慮しておきましょう。
注意点の例を挙げると、吊り荷の下に入らない、荷の安定の確認などがあります。
また、クレーンに吊り下げる際の重量を確認するなど、重量に対する配慮も欠かせません。
さらに、外壁パネルは衝撃によりカドが欠ける危険もあります。
保護したうえでクレーン作業を進めるなど、外壁パネルへの配慮も大切です。

他スタッフとの連携

安全に搬入作業を進めるためにもスタッフ同士での連携も大切です。
作業時に声かけを行って、危険が想定される際は立ち位置を変更するなど、スタッフ同士で連携して気を付けておくことでトラブルを防げます。
また、スムーズに施工できるように、スタッフ同士で連携を行って、指示通りに搬入することも重要です。

【求人】lay brickでは新規スタッフを募集中!

lay brick株式会社ではALC工事をはじめ、外壁工事にチャレンジしたい方を募集しております。
現場はビルや大型倉庫などの大規模建築物が多く、施工完了時の達成感も非常に大きいです。
外壁パネル加工や搬入、外壁パネル設置など幅広く経験できます。
未経験の方にも安心して働いていただくために、丁寧な指導を実施しておりますので、外壁工として成長していける職場です。
また、交通費は全額負担であったり、夜勤手当などの各種手当を用意していたりと、働きやすい環境を整えております。
ALCパネル施工などの外壁工事に取り組みたい方は、lay brick株式会社の求人にご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


lay brick株式会社
〒411-0917 静岡県駿東郡清水町徳倉上徳倉94-3
TEL:055-939-6662 FAX:055-939-6663
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする