こんにちは!静岡県や名古屋市に拠点をかまえ、ALCパネル施工などの外壁工事に取り組んでいるlay brick株式会社です。
lay brick株式会社が承っている外壁工事の一つにECP施工というものがあります。
外壁工志望の方はどんなものか知っておきたいと考える方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、ECP施工のあれこれについて詳しくお伝えします。
外壁工の求人にご興味がある方の参考になれば幸いです。

ECPとは

ECPは「Extruded Cement Panel」の略で、押出成形セメント板という外壁材です。
セメントや繊維質原料などを板状に押し出す形で成形し、高圧の蒸気で養生することでつくられます。
中に空洞があるようにつくられており、いくつかの規格があります。
例えば、表面を平滑にしたフラットパネルや、表面にリブなどの加工を施したデザインパネル、表面にタイル張り付け用の溝を施すタイルベースパネルなどです。
ECPは物理的な強度に優れているため、耐久性の求められる建築物で役立ちます。
また、耐候性や耐火性にも優れているという特徴もあり、防災面でも重要な役割を持ちます。

使われる現場

ECPは、特に中高層の鉄骨造に外壁や間仕切り壁として使用されていることが多いです。
例えば、工場や倉庫などの大規模な建築物に使われます。
さらに、ECPは装飾が可能な外壁材です。
上述しているタイルベースパネルタイプのECPを使えば、タイル張りによる装飾ができます。
そのため、周辺環境との調和で無機質さがあるといけないケースで役立ちます。
ホテルなどのおしゃれさが大切な建築物でも活躍することが可能です。

ALCとの違い

ALCとECPの違いに迷う方もいるのではないでしょうか。
大きな違いとしては見た目があげられます。
ALCは気泡の入ったコンクリートのため、表面に細かい気泡が見えます。
ECPは空洞ができるように成形されるため、断面部に穴が見えるのが特徴です。
また、表面もツルツルとしています。
他にも、ALCは外壁パネルの中でも軽量なコンクリートであるため、重さにも違いがあります。
ALCとECPにはこのような違いがあることを覚えておきましょう。

【求人】lay brickでは新規スタッフを募集中!

lay brick株式会社では、ALC工事などに対応する新規スタッフを募集中です。
外壁パネル設置やECP施工などの外壁工事にご興味がある方は、lay brick株式会社の求人にぜひご応募ください。
資格取得支援制度を実施しており、外壁工事業界でステップアップしたい方にもおすすめです。
また、食事会などの交流の場も設けているため、社員同士の仲がよく働きやすいです。
安定した労働環境で外壁工事に取り組みたい方からのご応募をお待ちしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


lay brick株式会社
〒411-0917 静岡県駿東郡清水町徳倉上徳倉94-3
TEL:055-939-6662 FAX:055-939-6663
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする