こんにちは!本社のある静岡県や支店のある名古屋市にて、ALCパネル施工などの外壁工事に取り組んでいるlay brick株式会社です。
ALC工事に取り組む外壁工は、ALC壁の特徴について知っておくことが重要です。
そこで今回は、外壁工の求人を探している方に向けて、ALC壁についてご紹介いたします。

ALC壁の特徴

ALC壁とは、ALCという軽量で気泡が入ったコンクリートを使った外壁です。
石灰質やアルミニウム粉末などを主原料にしており、耐火性・断熱性に優れています。
断熱性に優れている理由は、ALC内部の気泡により熱伝導率が低くなるためです。
さらに、気泡が音を吸収することにより、遮音性が高いという特徴もあります。
また、地震にも強いとされており、定期的にメンテナンスを行うことで50年以上もの耐用年数を実現できるなど、高い耐久性を誇ります。
ALC壁は高層ビルやショッピングモールなど、大規模建築物の耐久性を上げるためにも欠かせない外壁パネルです。

ALC壁の欠点

ALC壁の欠点は水に弱いことです。
気泡が入ったコンクリートで、気泡に水が入ると膨張やひび割れなどのトラブルを招きます。
また、ALC壁はパネル同士を繋ぐ形で施工するため、つなぎ目から雨漏りが発生するリスクもあるのです。
ただ、塗装によって防水性を高めることで、水によるトラブルも防ぐことができます。
欠点を補えるほどの機能性があり、メリットも多い外壁パネルであるため、ALC壁の活躍シーンは多いです。

ALC壁は2種類ある

ALC壁に使われるパネルは2種類あります。
一つは薄型で厚さ35ミリ以上、75ミリ未満のパネルが該当します。
もう一つは厚型です。
厚さ75ミリ以上のパネルが該当します。
厚型は鉄骨造や鉄筋コンクリート造で使用されることが多いです。
どちらのパネルも軽さと強度を持ち合わせているため、現代の建築物には欠かせません。

【求人】lay brickでは新規スタッフを募集中!

lay brick株式会社ではALCパネル施工やECP施工などに取り組む新規スタッフの募集を行っております。
ALCパネルは、震災や火災に強い建物をつくることができる材質で、ビルなどの大規模な建築物には欠かせないものです。
そのような施工に関わってみたいという方は、lay brick株式会社にご連絡ください。
未経験者の方には安心の指導を、スキルアップしたい方には資格制度など、充実の福利厚生を用意してご応募をお待ちしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


lay brick株式会社
〒411-0917 静岡県駿東郡清水町徳倉上徳倉94-3
TEL:055-939-6662 FAX:055-939-6663
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする